遺伝では無い

リウマチの症状と改善

リウマチと言う病気を聞いたことがあるかと思います。関節や筋肉、腱などに痛みが起きる病気をまとめてリウマチ性疾患と呼びます。関節リウマチはお年寄りがなるや遺伝などでと思っている人がいるかもしれませんが、誰がいつなってもおかしくない病気なのです。年齢は関係なく主に多いのは30代から50代の間に発症し女性が占める割合が男性の4割以上とも言われていてとても身近な病気の一つです。関節リウマチは関節に炎症がおき、腫れや痛みなどの症状が伴います。最終的にほっておいてしまうと関節は破壊されて、骨なども変形してしまうこわい病気なのです。背骨などがリウマチになりほっておくと10年後には進行がすすめ寝たきりになってしまうのです。

治療方法と利用される薬

関節リウマチの治療の方法としては基本的には薬物治療になります。消炎鎮痛薬、抗リウマチ薬、ステロイドなどの薬物治療で利用されます。消炎鎮痛薬などは直接病気などの進行を抑えたり、関節破壊などを抑えたりする事はできません。しかしリウマチとは日常的に痛みを伴う病なので消炎鎮痛薬は即効性があり痛みを抑えるのにとても効果があります。長期利用には胃潰瘍などの副作用がおきる場合があります。抗リウマチ薬は免疫異常の改善を行うことにより進行を防ぐ効果があり治療の中心となっている方法です。ステロイドは他の薬で効果があらわれなかった場合などに使用します。どんな治療を行う際にも主治医の先生とよく相談して改善にむけて頑張りましょう。